廃車費用 廃車を売却する前にやるべきこと

廃車を売却する前にやるべきこと|廃車費用ラボHH02

廃車を売却する前にやるべきこと

もう乗らなくなった車を廃車にする際には様々な手続きが必要となりますが、廃車を買取に出すこともできます。
車の買取業者には様々なニーズがありますので、廃車にするような車であっても思わぬ高値で売れるケースがあります。
車というものがそれだけ幅広いニーズを持っているということでもあるのですが、そのためにはそうしたニーズを持った相手とのマッチングをしておかなければなりません。
車を買取に出す際にひとつだけでなく複数の業者に見積を依頼するというのは、ある意味車の買取のセオリーともいえますが、これは車を少しでも高い金額で買い取ってもらうという目的の他にも、その車の持っている価値を理解してくれる業者を探すという目的もあります。

 

つまり、複数の業者から見積をとることでその車のニーズとのマッチングを図るということになります。
もちろんすべての車が価値ある車とは限りませんが、それでもひとつだけの業者で査定を受けるよりも複数の業者に査定してもらうことでその車の持つ相場というものがわかりますので、多くの業者に依頼する価値というものはあります。

 

さて、廃車にする車を買い取ってもらう場合ですが、実際に買取に出す前にやっておくべきことがあります。
そのひとつが、「所有権の確認」です。
ほとんどの場合は、普段車に乗っている人がその車の所有者となっていますが、中には車検証に記載されている名義が本人と異なるケースもあります。
車の買取には所有権の移転も関係しますので、その車を所有している名義人と異なる場合には買取に出すことはできません。
これは、ローンが残っていて名義人がクレジット会社になっていたり、あるいは親から車を譲り受けて名義が親のままだったりといった場合が考えられますが、
いずれにしても買取に出す前に名義変更や買取に出しても問題ないといった主旨の書類を揃えておく必要があります。

 

次に注意したいのが付属品の有無です。
取扱説明書などのマニュアル類や、購入当時に付属していた各種書類も忘れずに用意しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ